読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

移転。

 移転というかこっちをサブにします。確か今連続101記事。当初の目的はやれたと思うので、小説を書くモードへ。

 

 メインにしたのはこっちです。

 

readingkeiba.hateblo.jp

 

 また文章を書けなくなったら、またスランプになったら、こっちをメインに切り替えてリハビリしたいと思っているので残します。小説書きますよ、ええ、書きますとも!

 そんな感じで。

2016/06/18 100点満点を目指して90点をとろう

統合失調症陰性症状 雑記

 Winstonのサンプル煙草で、イナズマメンソールを頼んでおいて、それが今日来たのだけど、んー、メンソール煙草はどれも同じ感じがする。メンソール煙草は鼻で吸う。鼻の穴の片方にフィルター突っ込んで、もう片方の鼻の穴を指で潰すと吸う事ができる。これやると凄い目覚まし効果があって、よくやるのだが人前でできないのが欠点。
 たぶん今更、な問題なんだろうがキャスターキャビンWinstonファミリーに追加ってどういう事だ。銘柄が存続したのは良いとして、パッケージというのは文化なので、あんまりこういう事はしてほしくない。JTの国内戦略としては新規獲得ではなくて現状維持にしてほしい。これの狙いは海外での販売に際してだと思うのだけど、だったら国内はそのままでいいんじゃないか。いくら元国営で株を財務省が半分持って支えているとはいえ、斜陽産業なのは明らかなんだから。

 

 それはさておき。

 

 自治会での話で、ゴミ屋敷になりかけているお宅があって問題になっている、見に行こう、と言われた。近くで火事があった、見に行こう的なノリで。なんと浅ましい野次馬根性か。もちろん私は勇んで玄関に行き、靴を履いて、ゴミ屋敷もどきを見に行った。
 目的地についた。同じ町内にしてはずいぶん歩いたなと思った。それもそのはず、すぐ近くに四車線道路がある。その道を越えたら隣町だ。
 で、くだんのゴミ屋敷は確かになりそうではあった。なりかけていて、ゴミ屋敷として成長中というか。我が家よりも敷地が広く、建物も立派に見えたが、庭が用途不明の家電製品やら自転車やら錆びついた軽自動車やら、いちいち何があったか確かめるのも面倒なくらい、ゴミがたくさんあった。溢れそう、という状態には見えなかったが、空いている部分がない様子だったので、これから放り投げて積み上げていくのだとすると、いつかは限界が来るだろう。
 ほどほどにしておかないと、あくまで他人の家だから、じろじろ見ていたら住人が出てくる、そうなったら厄介なのでしばらくして帰った。帰り道に私が感じていた事は、このお宅の住人は、もしかすると私と同じ病気では、という事だった。


 これは統合失調症躁鬱病に顕著なのか知らないが(だいたい精神障害で手帳をもらうのはこの二大精神病、ひどい鬱病で3級というのが相場)、衛生管理ができない。身の清潔を保つのが難しいというか億劫だ。
 風呂を嫌がる、髪を切るのを嫌がる、着替えをするのを嫌がる、歯磨きしない、手を洗わない、食器を水洗いで済ます、片付けをしない、掃除をしない……書いているとため息が出てきたのでこれくらいにして、私の自室も相当乱れている。その範囲は冬は電気炬燵になるテーブル上と、PCを置いている机の上、2つに何とか留めさせておけている、というのが現状で、両方とも無秩序なガラクタ置き場になっている。
 何でそれを放っておいてしまうかというと、片付けて拭き掃除したってまた汚れるから。あと、掃除をしなくても死なないから。不潔なままでいるといつかウイルス性の何らかの病気に冒されそうだが、そんな可能性は考えない。
 で、ゴミ屋敷もどきをあまり悪く言えないのは、私が自室だけではなくこの家の家主になって住んでいるのが自分だけ、になったらあのゴミ屋敷もどきになりそうな予感がしたからだ。

 

 完璧を求めて、そして結果が出た時、完璧でなかった事にガッカリして、まいってしまうようだと、危ないエリアに片足突っ込んでいると思った方がいい。神経症、精神病はゼロ点か100点満点か、極端なものを求める。それが病的と他者から言われる。
 この陰性症状だと、ネガティブな方で完璧といえば完璧なのだ。掃除も片付けもしないからゼロ点。10点でも1点でもなくゼロ。
 100点満点を常に目指して結果にも満点を求めるのは強迫性障害など。なんでそんなに手を洗うかねというぐらい洗ってしまう人を知人に持っている。潔癖は病気だ。同じように極めた不潔もまた病気だ。

 

 だいたいみんな、赤点にはならないようにして生きていると思うので。その中で特に好きな事、やりたい事、やるべき事に100点を求めるんだろうが、とれるわけないと思う。仮にとれたとして、その100点満点をいつまで維持できるのか、というのが問題になってくる。

 

 99%の努力と1%のひらめきなのか、1%のひらめきがないなら99%の努力は無駄になるのか、どっちの解釈でもよいと思うけど、1%のひらめきよりはと換言した方が私の気分にあっている。
 ものを書く時だってだと思う。この文脈の流れで、なぜその単語、熟語を出したのか、なぜ句読点を入れたのか、なぜ倒置法を使ったのか、みたいに。

 

 毎週競馬をやり続け、それが10年以上になるとわかってくるけども、完璧な予想なんてできない。努力して情報を集めても、ゲートが開いた瞬間、つまりレースが成立した状態で軸馬がすぐ落馬、なんて事もある。嫌というほど体験してきた。ノーリーズンポルトフィーノだけではない。平場でもごくまれにある。
 というか競馬は何が楽しいかって予想して買い目を決めて、オッズを確認する時だ。組み合わせのいくつかに万馬券があるとウキウキする。ちなみに2016年も前半が終わるが私の万馬券的中回数は5回だ。回収率は97%。
 阿佐田哲也色川武大が言っていた事だが勝ちたいなら競艇だと言う意味もわかる。ステークス競争のように、自分の持ち馬がどれだけ強いか競わせる貴族的な遊びが競馬であって、それで儲けようとしてはいけない。お馬で人生アウトだ。

 

 これが小説だともっと難しい話になる。完璧な小説、とよく言われるのは森鴎外「雁」なんだが、ツッコミを入れようとすれば入れられる。文豪も時には失敗する、谷崎潤一郎の偉大な失敗作と言われる「卍」など。

 

 目標を100点満点にするのは構わない、いやそうすべきだと思う。ただそれがペーパーテストなら100点はとれるけど、他の物事についてはそうはいかないだろう。100点を目指して努力して結果が90点なら大成功の範疇なのでは? と思った。そう思っておいた方が精神衛生上、得な気がする。
 こういう話を考えていると中国思想に中庸があった事に気付くのだけど、私はそれが思い浮かんだ時、思考が停止する。東洋思想学ABという講義をとってみたことがあるけどよくわからなかった。物凄くテキトーに書いたレポートでA評価だったのもよくわからなかった。出欠カードを書く講義で前期後期それぞれ3回くらいは自主休講したはずなんだが。

 

 初めからこれくらいでいいや、は自堕落なんじゃないかと思うので、100点満点を目指して短篇を書くけど、推敲を重ねて90点の出来だと自分が納得できたらたぶん応募する。

 

 函館競馬場地震がどうとかじゃなくて雨が強いらしいけど、嫌だな。現時点で芝が稍重、ダートが不良、これは手を出せない。今週も土曜競馬は見学。

2016/06/16 雑記:ミニストップで景品沢山もらった+おならが止まらない

雑記 競馬 文学 統合失調症陰性症状

 まず初めに今日のこと。

 6/15は障害年金支給日である。お給料ではないので、今月は残業いっぱいしたとか、しなかったから基本給しか出ないとか、そういう変動はない。老齢年金もそうだと思うが等級に応じた定額の金が入ってくる。基礎2級なので、13万円。変動がないので使い道を決めやすい。
 で、13万円といってもこれは二ヶ月分。偶数月の15日に13万円が入ってくる。だから私の場合、煙草ふかしながら本を読んでいると1ヶ月6万5000円が入ってくるという事になる。

 

 全部は使わず、貯金の方に結構まわしている。いつかまた、東京に出たいと思っていて、その準備金にしよう、と。どうなるかこれはわからないんだけど、もし上京が無理だとしても、もう一度、家を出たいという気持ちはある。埼玉千葉、それで無理なら群馬県内、栃木県内とか。
 家族もまあ国家公認のキチガイだとわかっているから、不愉快になるような事はされていないけど、やっぱりね、孤独が好きなんだろう、もう一度一人暮らししたい。

 

 それで、ダービーの時に行った競馬トリオ、私と東京の友人と東北の友人で、今度は福島競馬場に行ってみよう、という話をしていて、もう準備体制に入った。
 七夕賞(GⅢ)を見に行こう、と。七夕賞とか当たる気しないんだけど。ちょっと昔は1番人気が絶対勝てない重賞で有名だったでしょ? 本当にそうだった頃は一週前に行われる残念ダービーのラジオNIKKEI賞ラジオたんぱ賞だった覚えがあるが。

 

 その遠征資金もここから出すしかない。どれくらい金かかるかまだ計算してないけど大宮まで上っていって、そこから東北新幹線? じゃないとかなり遠いと。鈍行の乗り継ぎで行けない事もなく、大磯で乗り換えると行けるんだが6時間かかる。
 目的地は福島駅なので。郡山の方が街として栄えていると聞いたけど、第一等で優先しているのは馬だからね。会津の白虎隊は昔行った事があるが、たぶんもう一回行くんだと思う。私以外行ってないらしくて。

 

 なんかこんな事を書いていると小説家というより、寺山修司みたいになってしまいそうだ。さらばハイセイコーとか(歌ではなく自由口語詩の方。ふりむくな/ふりむくな/後ろには夢がない で有名な)さらばテンポイントみたいなものを、書いてしまうかもしれない。さらばオグリキャップ、さらばトウカイテイオー、さらばミホノブルボン、さらばナリタブライアン、さらばベガ、ベガはベガでもホクトベガ、さらばエアシャカール、さらばスティルインラブ……パッとしないな。
 書くならオグリホクトベガだ。

 

 ちなみに「still in love」という小説を書いて第1回室生犀星文学賞(読売新聞北陸支社主催)に応募した。和訳すると「まだ愛してる」でしょ? 違う? 違ったら恥ずかしいな。ノースヒルズは馬名センスあると思う。
 メジロラモーヌ以来の三冠牝馬だが、年明けて古馬になったらアドマイヤグルーヴがどうのこうの言っていられる戦績でなくなり、完全に3歳時に力を使いきってしまった馬だった。今のメイショウマンボみたいな感じだね~。
 引退して繁殖牝馬にあがって母馬として頑張ってくれと思っていたら2007年に死んでしまうし、ちょっとかわいそうな馬だった。
 で、これは競馬を交えた恋愛小説
 それが一次選考を通過した(全応募925作品中の95作品通過の一つに)。さすがに最終選考までは行かなかったけど何で選考通過したんだろう。競馬好きが下読みさんにいたのかな。

 

 中央競馬で行った事があるのは東京競馬場中山競馬場新潟競馬場。ここに福島競馬場が加わる。いっそのこと、函館競馬開催札幌競馬開催も一人で行っちゃって東日本中央競馬の競馬場踏破しちゃうのもよいかもしれない。

 

 話を戻そう。
 で、ずいぶん今日は冷えるなと思いながらちょうど煙草も切れたし、という事で振り込まれた年金を貯金用口座と普段使う口座へお金を移しに、最寄りのコンビニであるミニストップに行った。
 そして煙草を買う時の私の決め台詞「煙草の、ロングピース、黄色いピースですね、それをね、カートンもバラも含めて、このお店にあるもの全部ください」と、言う。言い切ってしまうとかなり気持ち良いセリフ。

 冷静に考えてみるとニコチン中毒にも程があるって感じになるが。でも「特定の商品ではあるが店にあるもの全部買うぞ」的な事を言っているので店員さんはハッとする、そのリアクションが面白い。接客が丁寧になる。私は地位も名誉もない障害者であって偉い人間じゃないんだけど。考えてみるとコンビニで1万円くらい払う買い物をするのは愛煙家ぐらいかもしれない。
 1カートンとバラ6個が在庫としてあったので買い占めた。合計7360円だった。ここで、どうも、金額に応じたクジ引きをやっているらしい。これは別のコンビニでもたまにやっている。でも東京に住んでいる時、こういうのはなかったな。地方都市限定か? 7300円で6枚引けるという。当たったのが下記のもの。

f:id:TapDanceCity:20160615235157j:plain

 すごい、ビール6本(もう1本飲んじゃったから5本なんだけど)。発泡酒でも第三のビールでもなく、缶ビール。これはびっくりした。太っ腹だ、良いコンビニだ。
 煙草代は、定期的にかかるお金であるとして、1日1箱吸う計算で2万7600円を使い道として計算して分けているし、煙草は腐らないので、近々もう一回まとめ買いしてきてもいいかもしれない。



 

 おならの方。汚い話になるけど真剣に悩み始めたところである。

 

 これは一昨日の深夜から。おならが連続でプップ、プップと出た。ちょっと腹に力を入れるとまだ出る。プップップ、プーーみたいな感じで。面白くてケラケラ笑っていた。しばらくすると便意を感じた。この大便の前座だったんだなと合点してトイレの便座に座り気張ると、とても長く音の大きい〈おなら〉が出ただけだった。大便本体はなし。
 ここで、これは笑っている場合じゃないのかもしれないと危機感を覚えた。自室に戻ってもまだ〈おなら〉が止まらない。ベッドに寝転がって眠る態勢になっても時折出る。
 それでこの現象は昨日もそうだし、今日もまだ続いている。つまるところ、腸内ガスが大量に発生しているという事になる。胃腸の病気かと思って調べてみたりしたが、どうも判然としない。こういうページがヒットした。

h-pochi.com

 

おならが急に増えたのは腸の異常事態!緊急対策はひどい下痢と同じ

いつもはおならの回数を意識しないのに、急におならが増えたという場合は、その数時間~数日前に何らかの原因があると思われます。

食べ過ぎや飲み過ぎ、普段食べつけないものを食べた、炭酸飲料(ビールなど)をいつもよりも多く飲んだなどです。特殊な場合としては、お薬(抗生物質など)などの影響もあります。

このような急激な変化に対して、腸が一時的に正常に働かなくなっており腸内細菌のバランスが崩れて、腸内のガスの発生量が急速に増加したことが考えられます。

多くの場合、下痢などの他の症状を伴うことがあります。従いまして、急におならが増えた場合、下痢に準じて対処することをお勧めします。下痢の対策に関しては、以下の2人の記事が大変参考になります。

 

 

 指摘されている事の全てに思い当たる節があって、原因がわからない。しかし下痢の症状はない。ちゃんとしたというとおかしいが普段と変わらない大便が出ている。

 道に落ちていたものは食べていない。(たまに吸える部分がまだまだ残っている煙草の吸い殻を見つけた場合、前後左右に素早く視線を転じて、人がいないのを確かめてから拾って、フィルター部分を千切って捨てて、両切り煙草として吸う事はある。真似はしない方がいいと思う。地見屋ホームレスかって話になる。)
 18、19日の土日を過ぎても、まだプップップと鳴っていたらさすがに胃腸内科に行くしかない。
 
 おならでこんなに悩んだのは人生で初めてだ。これ書いている最中にも3発、中規模のおならが出た。おなら製造機おなら演奏会。早く治ってくれないかな。

 

 

 「詩という仕事について」は詩学、フォルム、言語学等々のボルヘスの講義録。非常に平易な語り口なのでもう読み終える。次は「ユニヴァーサル野球協会」ロバート・クーヴァー。あと一つ、澁澤龍彦が残っているが、クーヴァ―を読み終えたらまとめ買いをする。堀江敏幸青山七恵古井由吉、そこら辺を重点的に。

 



※編集で追記。06/16 05:31

さっき読み終わった。読書メーターの私の感想をそのまま転載。

 

講義録なので読みやすい。むしろ編者注と訳注が少々鬱陶しい。本書の場合、関心事をボルヘスという作家に向けるか(作家論的)、語られた言葉がテクストとして眼前に記録され展開された物として読むか(作品論的)で別れるだろう。私は後者の立場に立つが、大雑把に詩学として、尻込みする必要はない。詩学、フォルム(形式)、言語論、およそこの三つに収斂されるが、これらは散文体の小説創作にも非常に役立つものだ。つまりは詩にせよ小説にせよ、文章・言葉で形成されている訳であるからして文章論としても深い考察にまで達しているからである。

 

詩という仕事について (岩波文庫) J.L.ボルヘス

 

 

2016/06/15 serial experiments lainゲーム版完全プレイ動画、合計49話

アニメ等

 サブカルチャー、特に東浩紀辺りが、アニメを肯定する言説を作り始めて、要はヲタクどもをある種高尚というか一般受容に対する格上げを行い、見事に成功した。困ったらセカイ系って言っておけば良い、みたいな。ファッションオタクとでも言うか。で、このオシャレにサブカルチャーを楽しむ、あるいは楽しんでいるフリをする、という事を大学に入学してみんなやり始める。本当にのめり込んだ人は表象文化論の文脈も手に入れて、学者を目指したりする。東大の駒場に院で潜りこんだりして。

 そんな「俺の/あたしのサブカル論、アニメ論、表象文化論、凄いでしょ」的な人々が異口同音に賛美してやまないのが1998年アニメ版ゲーム版が公開されたserial experiments lainである。

 私の周りには殊の外、たくさんいた、文学部だしね。

 それで、serial experiments lainアニメ版はみんな見ている。ちゃんと金払ったのか、画質が悪く字幕スーパーにフランス語やスペイン語が出てくるようなアレで見たのかは知らないし今更そこ突っ込んでもしようがないので、不問にする。

 で、案外意外なのが、彼らはアニメ漫画には主張できるものを曲がりなりに持っているのだけど、ゲームになると、意外とこいつらモロイ。PCゲーム、ギャルゲー・エロゲーはやっていたりするんだろうが、そうじゃなくてサブカルの文脈で回収できる据え置き型の通常のゲームに、彼らは言葉を持たない。

 

 真に優れているか実験的すぎるものは、深夜帯であろうと公共の電波使って映像として放送できない、放送しづらい。だから企画の最初からOVAの予定で、一般放送なしだった「フリクリ」がとてつもない名作で様々な影響を残した、こういった事例はかなり多い。the pillowsを知ったのだって、フリクリのEDの「Ride on shooting star」でしょ? 私もそうです。なので、OVAですらない、あまり売れなかったゲーム版だと、もう凄い自由度を手に入れて制作陣もやりたいことができたんじゃないか。

 

 serial experiments lainの話に戻すと、アニメ版の方は難解と言えば難解なのだけどヌルい。シュールさが際立っているが、しかし地上波で放映できてしまったレベルに収まってしまっていると言える。シナリオ版も買ったけど、やっぱりゲーム版よりヌルい。それで、ゲーム版に比べてすごくヌルいのに、アニメ版だけ見ただけでまるで神様仏様のように扱って話しだすので、ゲーム版と完全プレイ動画がある、と教えると狂喜する。

(からかってみたいなら次のようにするとよいのでは。

 身近にいるサブカル君にserial experiments lainの話題をふってみよう。意気揚々とサブカル君はアニメ版serial experiments lainを喋り出すだろう。息が入って間ができた時にこう言ってみればよい。「当然、ゲーム版もやったよね、本番はあっちだもんね」と。その後の人間関係には責任を持つつもりはない。)

 

 ということで、serial experiments lainPS1ゲーム版がモノホンで、凄まじい。オークション界隈ではかなり値がつり上がっているだろうし、そもそももう入手困難なのではないか? よくは知らないが。

リンク貼りテスト。

serial experiments lain - Wikipedia

なるほどこうなるのか。

引用のテスト。

ゲーム

公称ジャンルは「アタッチメントソフトウェア」。企画の中ではもっとも早く進行しつつ、発表は最も遅く、雑誌連載終了後の1998年11月末である。CD2枚により構成されている。

プレイヤーは、ネットワーク内に散らばった lain に関する記録を集め、断片的な記憶をたどって lain の日常生活と彼女の秘密に近づいてゆく。

ゲームの内容は、音声ファイルと映像ファイルの再生の繰り返しという独特のスタイル。ファイルの内容には、玲音の日記、柊子の日記、カウンセリングの記録などがあり、特定のファイルにアクセスすることで新しいファイルやネットワーク領域へのアクセスが可能となる。

ゲームの中でできることはあくまで「ファイルの再生」までであり、それぞれの情報が持つ具体的な意味まではほとんど窺い知ることはできない。「物語の結末を記録したファイルの再生」が一応のエンディングではあるが、物語の全容を理解するためにはプレイヤー自身が頭の中で情報を整理する必要があり、そこから導かれる結論の正当性もまた、各々の判断に委ねられている。

なお、本作の開発スタッフの一部は、同じく「アタッチメントソフトウェア」である「NOёL」シリーズの開発も手がけており、両作品の間には「現実世界と仮想世界の境界が曖昧になるようなプレイ感覚(ただし方向性は正反対)」「断片的な情報を元に全体図を想像する楽しみ」「観測システム『思い出君』の存在(本作ではネットエージェントプログラム、NOёLでは自動追尾式浮遊カメラ)」といった共通点を見ることができる。

年齢制限はかかっていないものの、一部に過激な映像や表現が存在する。

スタッフ (ゲーム)

ディレクター:中原順志
監督:えんどうてつや
脚本:小中千昭
製作:SR-12W / PIONEER LDC.

主要登場人物

岩倉玲音
声 - 清水香里
主人公。おとなしく内向的な少女。ゲーム開始時点では11歳で、14歳まで成長する。12歳の時に幻聴などのためカウンセリングに通い始める。
アニメ版とは異なり、兄弟姉妹はいないが家庭環境はまともな状態となっている。一方で内向的だが一応友達はいるようである。
米良柊子(よねら とうこ)
声 - 岡本麻弥
27歳。アメリカの大学院を卒業後に日本へ帰国し、玲音を担当することになった新人カウンセラー。カウンセリングを通じて玲音と仲良くなっていく。
牧野慎一郎(まきの しんいちろう)
声 - 渋谷茂
コンピュータネットワーク上で玲音と交流を持っている普通のサラリーマン。物語の後半で玲音と初めて接触するが、その際ある事件に巻き込まれることになる。

  ふむふむ。これでだいたい説明できているね。サイバーホラーとサイコホラーが合体したという感じかな。

 

 で、これはニコニコ動画完全コンプリートプレイを動画にしたのがある。1話20分前後で49話ある。

 2008年年末から始まり2010年11月15日で全てを投稿し終えている。私は2009年の時からアップされるのを追っていた。

 今、その動画はちゃんと生きているからこれからニコニコ動画を貼るのだけど、当時は再生回数3000とか2000だったのだけど、2016年6月15日の段階で1話7万回再生されている。話数を重ねるに連れて再生回数が減っていく(途中棄権者という事だろう)。最終話再生回数1万3千回だ。6万人が棄権したわけだが1万3000人前後は完走したらしい。

 あれえ、もしかして、もう、serial experiments lainゲーム版を完全プレイしたぞ(動画を見ただけのハッタリ)、ってあまり威力を持たないのかな。時の流れって凄いな。

 以下に3話までニコニコ動画を貼り付けます。それ以降まで見たい人は各自で追ってください。名作です、愕然とするくらいの内容を持っています。

 具体例一つも言わないのもアレだから、ちょっとだけネタバレしちゃうと……、[カウンセラーが岩倉玲音にハッキングされていて岩倉玲音の診断書やら何やらのファイルを……、しかも書いたのは本当にカウンセラー本人だったかそれとも……ちょっと待て、全部操られていたのだとすると、それじゃカウンセラーの自我はいったい……(ここまで、あとは自分の両眼で確かめて)。]

 

動画アップした人の、プレイ動画まとめ(マイリスト)

 

 一日2話ずつ、40分で再生して見ていけば25日間で見ることができる。一気に完走したいなら丸々一日お休みをとってもらって、約20分×49話だから16時間くらいかかるけどやれそうならやってみよう。

 この頃ホラーの文脈を欲しいと言っていて、これを思い出したという経緯である。 


 今日は晴れていたのでウォーキングをした。行き20分帰り20分の往復40分。3.76km、4194歩。やっている最中はもっとやれる、と思ってしまう。30分30分の往復60分やれるんじゃないか、と。

 でも帰宅して冷房入れた部屋で休んでいるとどっと疲れが襲ってくる。という事で20・20の往復40分を、6月はそれを守ってやってみようと思う。7月になったら、25・25にするか30・30にするか、という感じ。

 

2016/06/13 ホッピー24本箱入りが届いた+ピアノの話

雑記

 夜になるとカエルくんの鳴き声が凄い。本当に凄い。何回目だろうな、カエルについて苦情を書くのは。本を読んだり、あるいは何かを書いている時にはインストゥルメンタルの曲を低めの音量で流しながらやる。

 私がよく使っているのは坂本龍一BTTB(かなりCDが売れたウラBTTBはシングルの方、これはアルバム※編集で追記。ウラBTTBはオリコン調べで155万枚売れたのだそうな)、それかビル・エヴァンスの持っている曲28曲の、エンドレスリピート設定。それをだね、カエルくんの大合唱が打ち消すの。カエルに負ける坂本龍一ビル・エヴァンス
 ビル・エヴァンスがひょこっと頭の中から文字として出てきたので、モダンジャズ? モダンであってるか、フリージャズと言うんだっけ。ま、とにかくジャズの話をちょっとだけ書くと私はニワカという奴だと思う。コルトレーンとかアイラーとかマイルスとか、そこら辺の名前が売れている人たちのものもiTunesに入っているけど、薀蓄を語れるほど詳しくはない、という感じ。

 

 それで、サックスなどだとうるさいというかBGMにはちょっと不向きだと思っている。きちんと音楽鑑賞の姿勢をして楽しむものだと思う。しかしながらジャズでもピアノだったらあまり邪魔してこない。だからビル・エヴァンスを流している。
 それに、私自身がピアノ教室に10年通ったという事もある、ピアノジャズは馴染みやすいのだ。幼稚園の年中さんから中学3年の受験勉強が本格化する前までカワイ派(ヤマハではない)のピアノを習っていた。

 

 別に男の子だってピアノなど音楽を親がやらせたいと思っているならやらされる、ってだけの話なのだが、小中学の同学年にピアノを習っている男の子が私以外いなかった。それで私は音楽教師に担がれて、不承不承、伴奏を何回もやらされた。全校集会で発表というか演奏したりするのでとても緊張するからやりたくはなかったんだが。

 

 で、音楽教師という生き物は、児童に合唱をさせると、「そこ、もっと声を大きく」とか「後ろ、音が高すぎる、おさえて」みたいな指導をされたり、されているのを見ていた経験はだいたいみんなあると思うのだけど、実はあれは大した事ではない。伴奏を何回もやらされたからわかる事だが、ピアノを弾く際は、他のみんなのリズムも含めてピアニカや歌声がついてこれるように聞き耳を立ててやる。メトロノームを持ってきたって従ってくれるわけではないから。
 そうするとさきに言った音楽教師のように、あいつ口パクしているな、とか丸わかり。それを指摘はしなかった。音楽の先公ぶってるんじゃねえよと言われるのが嫌だったし、逆の立場なら私も確実に言っただろうし。
 あと、これは高校大学の時の話だが、ピアノ何か弾いて、とよく言われたが、じゃあ何でもいいから楽譜くれ、としか言いようがなかった。私はビリー・ジョエルでも何でもないので。何故か暗譜していたSMAP夜空ノムコウか、ジ・エンターテイナー(映画スティングのテーマ曲)を弾いて難を逃れていた。


The Entertainer (Orchestra Version) - 2




 で、ホッピーの話。これはスーパーでも売っているし、箱買いもできるのだが重いでしょう? 自動車を自由に使えるならいいけど、免許ないので。だからamazonでいつも頼んでる。それが今日届いた。

 

 ホッピーを長く飲んでいる理由は、太らないから。
 一時期ビール腹が凄い事になってしまって、手足は枯れ木のように細いのに、お腹だけぷっくり出てしまった。餓鬼道の餓鬼か、妊娠したか、みたいな外見になった。ホッピープリン体ゼロ、カロリーも糖質も低いという事で、ホッピーをメインにしたら腹はかなり凹んだ。

 

 ホッピーと言っても、駅のすぐ傍にあるようなテキトーな居酒屋(チェーン系など)が出してくるホッピーは、別物と考えた方がいい。ホッピーに氷は不必要だしマドラー(かきまわす棒)も不必要。そんでもって焼酎も少なめでいい。1:1くらいの多さで焼酎が入っていたらそれはホッピーではない。

 

 という事でおうちで楽しくホッピーを飲む方法。


 必要なもの。(出来れば業務用の)ジョッキ(中か大の)、甲類焼酎ホッピーそのもの。

f:id:TapDanceCity:20160614002552j:plain

 ホッピーをちゃんと作る場合は、焼酎ホッピーをきちんと冷蔵庫で冷やしておく(できればジョッキも冷やすべきだそうだが私はそこまでこだわってない)。これで氷は必要でなくなる。だいたい、ホッピーは手軽にビールが飲めなかった戦後すぐの頃の、ビール代替品なので、氷は入れちゃいかん。ビールに氷はいれないでしょ。

 

 割合は、焼酎1に対しホッピー5。ここで便利なのが業務用ジョッキ

f:id:TapDanceCity:20160614002431j:plain

 底の方に星が2つあって、そこまで焼酎を入れろという目安。下の星に合わせるとアルコール度数5%ビールに近い。上の星だと度数7%になる。

 

f:id:TapDanceCity:20160614002509j:plain

 

 あとは栓抜きで開けたホッピーを勢い良く流しこむ。これでマドラー要らず、甲類焼酎は少量なので勝手に適度に混ざる。

f:id:TapDanceCity:20160614002635j:plain

 

 業務用ジョッキが便利なのは上に書いた通り、焼酎の量の目安があるから。ネット通販で買ったのだけど、本体500円送料500円で1000円というのは、相場らしくamazonでも楽天でも変わらなかった。1:5の割合を自分で作れるなら作ればいいだけの話だから絶対に必要というわけではない。何でもよいと思う。気分を出したいなら1000円払おう。

 それから焼酎だけども、無個性な甲類焼酎がベスト。キンミヤ焼酎がやたら推奨されるけど、別に他のものでもいい。どれも安いだろうし。

 ただ芋焼酎米焼酎など、焼酎単体で美味しいくらい味があるものはホッピーには適さない。アルコール度数を調整するための焼酎だから、ビールテーストを喧嘩させない方がいい。

 

 とは言いつつ、楽しみ方は人それぞれであっていいので、あくまで公式の作り方の説明は上記のようになる、というだけ。私も今日は酔いたい、と思ったら焼酎を途中からドバドバ継ぎ足したりする。色々、好きなようにいじくれるのがホッピーの良い所だと思う。

 
 今はボルヘスの「詩という仕事について」(岩波文庫)を読んでいる。

 

 

2016/06/13 「白痴」読了+競馬回顧:エプソムCマーメイドS他、的中祭

文学 競馬

 外は大雨である。ゲリラ豪雨というとチェ・ゲバラが雨乞いしている姿が想像されてしまうので私はまだ集中豪雨と言う事にしている。

 先に「白痴」から。

 

 この「白痴」は上下巻を読み終えるのに1ヶ月かかった。読書メーターで調べると白痴上巻の前に読んだ本が5月13日となっているので丸々一ヶ月。
 とにかくキツかった、苦行に近い。罪と罰カラマーゾフの兄弟は何年も前に読んでいて、今春に悪霊を読んだ。いわゆるドストエフスキー五大長篇、「罪と罰」「白痴」「悪霊」「未成年」「カラマーゾフの兄弟のうち、後に残すは「未成年」のみになった。
 文庫本のサイズとは言え、本を開くと改行一切なし、見開きの最初から最後まで、本当に正確に、一字の余白なく文字で埋め尽くされたページが大半を占める。1415ページだそうだ。確か経済苦により「賭博者」執筆時から印税なしの契約をして、だから原稿料で稼がなくてはいけないから口述筆記だが、とにかくとにかく大長編を、という作家的状況があったと覚えているが、それにしてもこれは書きすぎだ。

 

 もうバフチンポリフォニーとかカーニバルなどといった、そういうものの援用は断って単なる感想にしたい。それくらい頭が疲れた。

 

 大きなあらすじを言うと、三角関係(公爵がアホすぎて二人女を愛すという形で四角関係とも言えるか)をめぐる恋愛小説と、言えなくはない。ただし大きなあらすじと書いたように、この小説を物語上においてちゃんと終わらせるための方便めいたあらすじで、重視する必要はあまりないかもしれない。
 白痴の意味合いが色々出てきたり、受け止め方が人によって違うのだろうが、一応、病気としての白痴=ドストエフスキーも患った「てんかん」を治すため、スイスにいた公爵が、まあまあ快復してロシアに戻ってきて色々やる。「白痴」にはロシア語で「病気」としての単語と共に「バカ、間抜け」の意味合いも持ち、日常で使われるとある。後者の方でこの小説は解釈させる。
 主人公、公爵は、知的には問題ないが、裏表のない性格。タテマエとかそういうのが全然わからない。空気が読めない。ここであんたそんな事言うか、とか、喧嘩売ってるのか? みたいにあまりに全てをストレートに解釈し言葉を吐き出す。本人に悪気はない、というのが始末に終えない。要はとっちゃん坊やという事だ、心及び精神が。様々な登場人物達と込み入った話をしていてもそうだ。相手の方は社交術というか、おおよそ社会に暮らす人間がひとしく勝手に学ぶ、婉曲だとかヨイショだとか、そういう偽の言説が全く効かない。それでもってして公爵は平然と何の悪意もなく、触れてくれるなというような急所をつく、無神経なセリフばかりなものだから、登場人物達は怒り出す。社交術という仮面をストレートな公爵によって粉々に破壊され、本性が顔を出す。これの連続である。
 池に大きめの石塊を放り投げて水飛沫と広がる波紋の、〈観察〉が読み手の仕事といった感じ。そういうタイプの白痴=バカである。この白痴=バカが放り投げられ、受け取った人間のリアクション芸を何回も何回も、これでもかこれでもかと読ませる小説。
 話は一向に進まない。ラスト200ページほどから、地の文、書き手が顔を出し、物語を終局に導いていく。それまでは本当に、これは本当に、リアクション芸をずっと見せつけられる。

 

 これは私はあまり肯定的な評価を下せないのだが、読み終えて振り返るとまあまあ面白くはあったのかもしれない。ただ物語の進展が非常に遅いので、よほど自由時間を確保できなければ読了不可能ではないかと思う。だから私は、『白痴』を他人にはすすめられない。
 疲れた、というのが何の衒いもない正直な感想である。



 ここから6/12日曜の競馬回顧。

 

 前日にエプソムCマーメイドSの予想を書いたが、奇跡的に両方、東西重賞を的中。他、条件戦のダートもどんどん当たった。向こう一ヶ月くらいの運勢を使いきったかもしれない。
 競馬回顧は、外れてしまった予想の何が悪かったのかを振り返って次の競馬に繋げよう、のコンセプトでやっているので、今日はあまり反省する事がないぞ。

 

 東京を4つ、阪神を4つ、計8レース。
 3連複1頭軸相手6頭流し15点を6つ。エプソムCは3連複で相手7頭に増やして21点。マーメイドS馬連ボックスで21点。他、お金に余裕があったのでちょろちょろっと単複も追加して買った。私がPATで買う時(深夜3時4時)に、軸馬の単勝オッズが2倍以上だった場合のみに単1複2で買った。東京9Rは1倍台だったのでパス、阪神11RマーメイドSは軸いないのでパス。それ以外はみな買った。

 

 購入1万5000円、払戻2万880円。回収率139.2%。
 3連複を買ったのは7つ、馬連が1つ。他に単複を買ったのが6つ。都合14組の馬券を買った。
 3連複と馬連。的中、東京11R、阪神7R、阪神10R、阪神11R、阪神12R。的中率62.5%。
 単複(内訳は単勝100円複勝200円)。的中、東京11R、東京12R、阪神7R、阪神10R、阪神12R。的中率83.3%
 14組全て(3連複、馬連、単複)にすると、10/14、的中率71.4%。
 阪神競馬は買ったレース全的中。

 

 東京7R、500万下ダ1400m、外れ。
 軸抜け、ヒモ抜け、軸はディアドナテロ(蛯名)、抜けたヒモはストロボフラッシュ(石川)。ディアドナテロは前走上がり最速ながら道中6番手で500万下を勝利。この日まで待った降級馬なのだが、直線向いてズブいズブい。全然反応せず。抜けてしまったストロボフラッシュは1番人気だった。4レースしか消化していない3歳馬。前走の大敗がありながら1番人気はおかしいと思って切ったら、おかしいのは私の方だった。3歳馬を見くびるな、という教訓を学んだ。
 東京9R、小金井特別(1000万下ダ1400m)、外れ。
 軸はエイシンバランサー。ヒモ抜けしたのはサニーデイズ。鞍上は藤田菜七子藤田菜七子を嫌ったわけではなくて、前走昇級戦だった1000万下で13着だったのでクラスの壁を超えるにはあと数戦必要だろうと切ってしまった。これの買い要素はよくわからない。休み明け3戦目なので前走は2走ボケとして読んで参考外にせよ、としか……。
 東京11R、エプソムカップ(3歳上GIII、芝1800m)、3連複45.5倍、複勝を的中。
 軸はフルーキーデムーロ)。予想した通り、マイネルミラノ(柴田大)が内ラチ沿いで逃げ粘って3着確保で配当妙味提供。フルーキーも、この頃のデムーロは位置取り下げてしまう事が多い気がするが連対したのでどうでもいい。
 ルージュバックの強さが際立ったレースになった。牝馬で枠も大外で、それをもろともせず上がり最速、2着に2馬身半つける圧勝。疑って悪かった。レースレベルだって、低くはないだろう、重賞勝ち馬が複数いたのだし。宝塚記念はさすがに使えないだろうが、次も楽しみ。もう一つくらい適当に出して賞金加算して休んで天皇賞(秋)が良さそうだが。叩きはこの舞台と同じ毎日王冠で。まあ、陣営が決める事だが本当に楽しみ。
 東京12R、500万下ダ1600m。単複のみ的中。
 3連複は軸イダクァイマ(戸崎)、抜けたのはベルウッドケルン(柴田善)。東京も阪神も、ダートは前々だ、という意識が強すぎて、3着内に1頭は入っておかしくない差し馬を蹴ってしまった形。降級馬でもなかったので意外と買いづらかった。今見返すと今年の1月に休み明けから戻り復調していると読める戦績だ。これは安易に切ってしまった。

 

 阪神7R、500万下ダ1800m、3連複19.0倍、複勝的中。
 軸はキタサンコンサート(鮫島)。後ろは全然届いていないので馬場読み成功。反省すべき所がない。
 阪神10R、箕面特別(1000万下ダ1200m)、3連複59.2倍、単複的中。
 軸にしたのはスマートアヴァロン(酒井)で差し馬だが、1600万下もかなり善戦していていつオープンに上がってもおかしくないくらい。これが降級しちゃうのはズルいと思うくらい。ここまで強いなら逆らわない。2,3着に4番人気8番人気を連れて来てくれて3連複は59.2倍だった。この配当はおいしかった。
 阪神11R、マーメイドS(3歳上牝馬限定ハンデGIII、芝内回り2000m)、馬連的中。
 ここは軽いのを良い塩梅で選択してボックス組めばいいと言った通り、6番人気7番人気で決着。60.3倍。
 馬連にしたのも考えがあって、1,2,3着全てが軽斤量でおさまるか? と昔から思っているので馬連にしている。だから3着のココロノアイ横山典)も55kgで来ちゃっているが、馬連だから3着なんてどうでもいい。ただ直線はヒヤヒヤした。51kgのヒルノマテーラ(四位)が上がり最速で追い込んでくれて良かった。
 余談だが、軸なしで7頭ボックスだとレース中、どこをどう見ていればいいのかわからなかった。このレースはこれで買い方は正解だと思っているが、スポーツとしての競馬観戦は軸がいた方が楽しめると思った。
 阪神12R、500万下ダ1400m、3連複5.1倍、複勝的中。
 ガッチガチ。3,1.2番人気の決着。順当なので特に振り返る事はない。

 

 ダービーデイ辺りから続いている、ダートの前々、まあ正攻法というかダートって普通はそういうもので先行有利な素直な馬場。よってあんまり荒れなくなった。それは先週で痛感していたので、人気薄の差しの穴は、なるべくよして、安くても当てていこうの精神でやった。
 だから、まあ、結果的に勝ったのだけど、当たったレース数の割に5880円しか利益が出てない。当たれば誰だって嬉しいので、だいたいのレースで当たったのだし、配当に文句を言うのはワガママだ。

 遊びでやった単複だが、どうだろう。合計1800円買って払戻額は1970円。発泡酒の350ml缶なら買えるか、くらいの利益だから、うーん。今回は単勝が2倍超えた軸馬なら、という条件だった。

 来週は、2.5倍以上ついていた場合にしてみようかと思う。3連複の軸は来ているのにヒモ抜けで外れてモヤッとしたガッカリ感を解消したいと思ってやった事だし。

 
 この約6000円で中古の文庫本を買いまくろう。

 

 来週から東京、阪神に加え、函館競馬スタート。涼しくて梅雨もなく、お馬さんも過ごしやすい北海道シリーズが始まると夏!! って感じ。
 重賞は日曜に二鞍、東京でユニコーンS、函館で函館スプリントステークス。ローカルの函館もこの調子で攻略していきたい。

2016/06/12 エプソムCとマーメイドSの予想

競馬

 土日は競馬モードです。

 

 さて、今回は予想が早く終わった。予想を終えてPATで買い終えた。
 ダートは東京も阪神も前々。後方からだと3着入着が上出来という感じで、差し馬はよほど強くないと掲示板にも上がれない感じ。
 阪神の方はマーメイドSで、毎年、このレースの買い方は決めているので特に馬場傾向をチェックしてない。
 東京の芝は、内、前、の有利。後方が早い上がりで攻めても中々前が止まってくれない感じ。 

 去年のエイシンヒカリの逃げ切りというか逃げて差し返しの勝利や、そもそも東京1800mは毎日王冠(や共同通信杯)の舞台と考えるとコース的にも前有利。春のグランプリ宝塚記念までのつなぎのような開催だが、重賞は重賞なので、馬場傾向を馬の力が上回ってよいはずだが、2,3着に逃げ残りがあっておかしくないなとうい感じ。

 

 マーメイドSは初めからボックス馬券で行くつもりなので印の強弱はつけない。エプソムカップは、軸から相手に流すだけなので対抗以下の印はフォーメーションも組まない私にとってはあまり意味がないんだけど、一応載せる。

 

 


 エプソムカップ予想

◎16フルーキー 

 ステップとして好相性の新潟大賞典で上がり最速を使って1人2着。チャレンジCで重賞勝ち。府中では東京新聞杯に3着がある。それら諸々あわせ、掲示板外6着だったのは適正外の菊花賞のみで戦績安定。軸に最適と判断。問題は位置取りで近3走のように道中8番手前後なら安心できるのでは。あまり後ろ過ぎない方がいい。

◯7ロジチャリス
 重賞初挑戦だが前走オープン特別でここと同舞台のメイSを好位から捉えた。2連勝中と勢いもよい。美浦の馬だから府中は走り慣れている。
▲18ルージュバック
 強い強いと思いつつも最後の勝利はきさらぎ賞まで遡る。ウラにマーメイドSがあるからというのもあるが牝馬がここを選択することはあまりないのでデータは切れと言っている。まず間違いなく牝馬の中なら強い。が、古馬の牡馬達との初対決だった有馬記念は10着。案外な結果に終わっても文句言えないから単穴まで下げた。
△1ラングレー
 ごくごく普通にヒモでなら眼に入ってくる。同舞台東スポ杯2歳Sで4着。
△6アルバートドック
 小倉大賞典で重賞勝ち馬に。ステップ好相性のマイラーズCを5着してやってきた。中日新聞杯の大負けは参考外。
注13マイネルミラノ
 脚質が怖い怖い逃げ馬。他に行きそうな馬がいないのでハナに立つだろう。府中だから直線に入れば垂れるはずが、コースも馬場傾向も全部味方してくれている感じ。おさえないと怖い。
注3マイネルホウオウ
 マイネルのもう1頭は、ムラ駆けするNHKマイルC勝ちのGI馬。出てくるレースでは常におさえておかないと痛い目を見る。
注8エキストラエンド
 東京新聞杯を2014、2016年に2着。7歳や、前走9着、京都金杯勝ち馬であるようにマイラーとして見られてか嫌われているが条件戦時代は2400mまでこなした。府中の1800mは準オープンで勝ち鞍あり。ヒモ穴。

 

 

買い目
3連複1頭軸相手7頭流し 21点。
16-1,3,6,7,8,13,18

 


マーメイドステークス予想

 ここはマジメに考えたってしようがない。ハンデ戦は軽ハンデがボロ負けするものだが、ここも含め牝馬重賞だとそうはいかない。特にこのレースでは顕著。もうエアグルーヴが勝った別定戦のマーメイドSは19年前になった。97年の事。
 適当に斤量軽い馬を、戦績は気にしすぎないで、チョイスしてボックスを組む。このレースはそれで万馬券を3回当てている、確か。どれだけ網を広げられるかの勝負なので、絞って取りこぼさない方がよい、そこら辺は財布の中身と相談。
 55kg以上は切った。それより軽い馬の中でも、前走着順があまりにひどいのはさすがに切った。
 ということで特に印はつけない。

 

3アカネイロ 51.0
4レッドオリヴィア 52.0
5ハピネスダンサー 53.0
7ヒルノマテーラ 51.0
10ゴールドテーラー 50.0
11ウインリバティ 53.0
12リラヴァティ 53.0

 

買い目
以上7頭で馬連ボックス 21点。
3-4-5-7-10-11-12

 

 

GOOD LUCK!

PS
もうすぐ白痴読み終えられそう。残り80ページ。

2016/06/11 スリップストリームとダブル村上

文学

 書き終えてから読み返すとずいぶんまとまりのない文章になってしまった。

 

 何か新しいものないか、何か新しいものないか、といつも考え続けていて病的におかしい頭がさらにおかしくなっているのだが、スリップストリームという方法がある。詳細はWikipediaなど外部サイトの説明読んだ方が早いし正確だと思うので。そこで調べてほしいが、簡単に言うと非主流文学と主流文学を混ぜちゃう、というやつ。
 中間小説とは区別されている。中間小説といったら司馬遼太郎松本清張その他周辺の専売特許になっている感がある。史伝、歴史や推理物を純文学風に書いている、とだけ言ってしまうとこの二人もスリップストリームの使い手といっていいんじゃないのと思うけど、そういう言及は見たことがないので自信がない。幻想性がある事も一つの条件に数えられているが、後で指摘するオースターの場合、探偵小説が自分探しのアイデンティティの問題にすり替わるという趣向のものだから必ずしも幻想性の有無如何ではないのではないかと思えてしまうが。
 松本清張は一応芥川賞作家なのだし。田辺聖子と同じくらい、作家的成功をおさめながら芥川賞作家である事を忘れられている稀有な存在だと思う。

 

 主流(メインストリーム)は純文学で、そこに非主流を持ってくる。境界解体文学、と言ってみるとカッコイイ。
 色々名前が上がっていてフィリップ・K・ディックヴォネガットオースター村上春樹。そこにマジック・リアリズムも入れてしまうらしい。ボルヘスマルケス南米文学は土着的呪術的というか民俗学的なものを持ってきた、みたいな感じで解釈するのか。
 リアリズムに幻想性が混じってくるというのも定義になっているのだけど(まんまマジック・リアリズムじゃないか)、とにかく、純文学に何かチャンポンしちゃえばそうなる、と言えるんだと思う。

 

 推理・ミステリーに純文学を合わせたのは海外だとオースターニューヨーク三部作、日本だと奥泉光となるのだろう。SF要素は真っ先に村上春樹が上がっているけど、村上龍もそうだと思う。
 ダブル村上の共に3作目で、奇しくも両者とも上下巻になるほどの文量を持った本になり、さらに符号の合わさり方は続き両者とも野間文芸新人賞をとった、龍の「コインロッカー・ベイビーズ」と春樹の「羊をめぐる冒険」。
 羊をめぐる冒険はわざわざ私が何か言わんでもいいかな。ハルキストさん達が散々やっているだろうし。ユング的な深層心理学で言う所の〈影〉〈羊男〉だ、とされていると思うんだけど(村上春樹研究の評論は読んだ事ないので適当に言っている)
 その一年前に村上龍が「コインロッカー・ベイビーズ」を上梓した。これも私が説明するよりググった方が早かろうと思うのだが、捨て子の二人組がいて、当時流行っていた、駅のコインロッカーに赤ん坊捨てる、という所から着想を得てそのまま利用し、孤児二人が(正しく言うと片割れが)副都心新宿の高層ビル群を破壊しようとする。破壊願望でコインロッカー・ベイビーズは語られる事が多い。

 

 読んだのがどちらも8年近く前だから少し記憶が朧気だが。この両者とも、SF的要素がある。ファンタジーと言ってもいいのだろうが。コインロッカー・ベイビーズでは、都心に汚染された広い区域があって立ち入り禁止になっている。そこにヤバイ奴らがいっぱいいる、みたいな設定がある。
 そしてダチュラ。人間を行動不能にするだったか、殺すだったか、そういう向精神薬爆弾というか神経麻痺爆弾みたいな、そんなものを新宿に落っことすんですわ。(昭和歌謡大全集(小説名)では東京都調布市に核爆弾を落としている。)
 村上龍ダチュラというものを作った。対抗して村上春樹が作ったのが〈羊男〉だ、みたいな事を、ちゃんとした書籍や文芸誌特集号などでは見ないが、ネット上でたまに見る。これを信用する必要はないが考え方は面白い。この頃は力関係で言えば村上龍の方が上だ。角川春樹村上龍から名前をパクったのではとまだ言われていた頃だと思う。
 春樹はいいとして、龍の方も、その後の著作を追っていくとSF的要素というのは結構ある。もろにそのまんまSFじゃんというのは「歌うクジラ」などだが、「愛と幻想のファシズム」も設定は近未来SFだろう。「五分後の世界」もパラレルワールドもののSFだろう。
 90年代以降の村上龍中村玉緒さんのようだ。勝新太郎が死んでやっと活き活きしてきたというか。中上健次が死んでしまうと、村上龍はとても元気になって凄い勢いで単行本をバンバン出していく。中上の死んだ後は、ほとんどの主人公が〈ケンジ〉になる。
 この90年代、村上龍は描写力描写力と念仏のように唱えていて、それが結晶化されて生み出された傑作が「イン ザ・ミソスープ」(読売文学賞受賞)である、私の座右の書。

 

 だらだら書いてしまったが純文学にSFを混ぜるのはなし、とっくにやられているから。円城塔という存在はあるが。推理、ミステリーもやられている。
 他に混ぜ合わされてないやつはないのか? と考えてみる。まだ食い散らかされていない非主流の小説のジャンル……ホラー文学じゃないか? と思いついた。
 これも実はやられてないわけではなくて、また村上春樹の名前を出すが短篇の「レキシントンの幽霊」はゴシック小説(ゴシック・ロマンスの中のゴシック・ホラー)だ。
 先述した村上龍の「イン ザ・ミソスープ」もサイコホラーものである。

 

 あれ、もしかしてホラーもダメか? ……まあ、その、あまりやられていないというか、そこまで食い散らかされていないのは確かなんじゃないかと思う事にした。
 今はまだ私の中で全然考えがまとまらない。ホラーの文脈が私の中にまるでない。現代のホラー小説というと貴志祐介の「黒い家」くらいしか読んでいないし。戦前でよいなら江戸川乱歩を多少は。実はスティーブン・キングを一つも読んでいない。映像化されたものを昔ドバっと見ただけだ。シャイニング含め。

 

 ということでドストエフスキーを読み終えるとほぼ積読制覇なので、近々本の買い入れを決行するが、平山夢明? 名前あってるか? みたいなホラー小説作家のものを少し買って読んでみようと思っている。
 純文学との合体不可能、身の程に合わない、と判断したらすぐ辞めて頭切り替える。

__
 今日はドラッグストアなど、遠出の外出の用があった。
 私は免許を持っていなくて車を動かせない。免許をとるために車校に行く場合、病気が病気だから意識障害(失神など)を起こさない、という医者が証明する何らかの文書が必要となる。まあ都合よく書いてくれるだろうから問題ないが私にやる気がなくて。30歳までにはとった方がよいはずとはわかっているんだけど。危機感がまだ足りない。
 なので自転車で暑い中走ったし、これでウォーキングの代わりにしておこう、と思った。
 結果、1.55km、2422歩。やっぱりちゃんとやらないとダメだなと反省した。土曜の競馬は見るだけにする。買いたいレースなし。

2016/06/10 シガレット(紙巻煙草)が嫌われる理由

煙草

 本日は雨なので積読消化、というかドストエフスキーの消化。カエルくん達がすでにやかましくなってきた。このあと田植機が隙間なく走る予定だと思うのだが、水田にいるカエルくんは大丈夫だろうか。

 

 T・H・Lとしたのは好きなもののベストスリーでその中でも一番好きなのがTobaccoだからなのだけども、2,3回しか書いていない気がする。少し前にパイプ煙草のやり方を書いたけど、ちゃんと書いたのはあれくらい。
 日常に馴染みすぎて、書く事が特にないのが煙草。人間が適度に水分をとるように、愛煙家も適度に吸うので。男は煙草の銘柄の浮気はしない、今作った私の格言。
 CHERRYが震災のドサクサでなくなってしまってからハイライトとロングピースの間をうろうろしたがどのくらい前かな、3年4年くらい前か、完全にロングピースに決まった。それ以外を吸わないから尚更何かあるわけでもないんだが。

 

パイプの方は、今のブラックバニラが終わったらこれを吸ってみたい。

f:id:TapDanceCity:20160609234248j:plain

ブラック・アンド・マイルド・ワインベリー
 ワインのような甘い香りと味、と言われてもよくわからないけど興味がある。ベリー系なので失敗はしないと思う。外れだったにしても程々に吸えるのでは。

 

 えーっと、健康面に関しては言わずもがな。健康に悪いです。唯一、アルツハイマー予防になると何かで読んで、それは脳のニコチン受容体を毎回使うからだ、みたいな理屈だったけど、思うにアルツハイマーでボケる前に死ぬからじゃないかな、と。今はその反論が出ている。どっちが正しいかは知らない。

 

 開高健の小説に有名な闇三部作がある。それの「輝ける闇」だったか「夏の闇」だったかにこんなやり取りがある。ベトナム戦争取材中の主人公。各国の記者達がたむろしている(ホテルの一階だったか、近くのバーか喫茶店だったか)。主人公がシガレット(紙巻たばこ)を吸い出すと、イギリスの記者がこんな事を言う。「シガレットはやめた方がいい。肺に煙を入れるのはとても健康に悪い。葉巻にすべきだ。あれは肺へ入れない」と。


 その事を書きたいのではない。煙草にも種類がある。
 ・シガレット(紙巻たばこ。一般的な煙草、コンビニや自動販売機で売っている)
 ・パイプ、煙管(煙草の葉を器具を通して吸う)
 ・葉巻、リトルシガー(煙草の葉っぱで巻いてある。香りはとても良い)
 ・スナッフ[嗅ぎ煙草] (粉末を鼻の穴で吸う。傍から見たらヤク中にしか見えないけど煙出ない)
 スナフキンとはスナッフをやる人の意味。かの有名な吟遊詩人のスナフキンはパイプを吸っているが。これはどうも原作小説の方で、ムーミンが嗅ぎ煙草行商のスナフキンさん、と言っている場面があるらしい。そういう事らしい。あまり詳しくない。
 ・スヌース[噛み煙草] (口の中で楽しむ。痰壺が必要なくらい唾をたくさん出さないといけないが煙出ない)
 噛みタバコは野球ファンならかなり身近なものかもしれない。大リーグ(メジャーリーグ)の選手達がくちゃくちゃやりながらたまに唾を吐いているのは、噛みタバコを噛んでいるから。
 ・水パイプ (やった事ないからわからない)

 

 スナッフは私も持っていて、時たまやっている。1時間以上鈍行電車などに乗る際は煙草が吸えないのでその代わりに。以下がそのスナッフ。

f:id:TapDanceCity:20160609234133j:plain

f:id:TapDanceCity:20160609234106j:plain


 煙が出ていて、しかもヤニクサイという事で、煙草が嫌われているんだと思う。まずそこでしょう、健康面に関してはすぐに影響が出るわけではないが(喘息の人などは除く)、香りの良くない煙は嫌なものだ。私はヘビースモーカーだが、そんな私ですら他人の煙は好まない。

 

 しかしながら、煙草そのもの(茶色い煙草の葉っぱそのもの)の匂いはとーっても良い香りのするもの。着香でどうするかも選べるし。私はパイプをやり始めて痛感したのだが、本当に良い香りがするのだ。アロマキャンドル? 火をつけるとハーブの匂いが立ち込めるやつ、あれと同じくらいかそれ以上に良い香りがする。

 

 いやクサイでしょ、と思い込んでいる人が多いと思うので種明かしすると、シガレット(紙巻たばこ)だからクサイのである。フィルターの部分はデザインがコルク柄とかあるが、本体は白い紙に巻かれていますね? つまり、簡単に言ってしまうと紙を燃やしている(原因がそれだけ、ではないが。燃焼促進剤など化学物質がてんこ盛り)。紙が燃えている匂いなんて、嗅がされたくないものだ。
 焚き火している所に、要らなくなった紙束をバサッと放り込めば悪臭がするだろう、それと同じ。

 

 というわけで解決策を考えた。愛煙家も吸わない人も共存できて、かつ煙草という文化を損なわい方法。
(1)まずシガレット(紙巻たばこ)をやめる。JT、PM(フィリップ・モリス)、BAT(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)の3社が協力すればできる。シガレットを第三世界で売りさばいている場合じゃない。
(2)パイプか煙管か葉巻にする。煙は出るが香りはとても良い。
(3)スナッフ(嗅ぎ煙草)、スヌース(噛み煙草)にする。煙が一切出ないから。

 

 パイプ、煙管、葉巻、スナッフ、スヌース。専売公社、JTがシガレットからそれらへ移行するようにしてしまえば、煙草をめぐる環境も変わってくるだろう。

__
 ドストエフスキーの白痴だが、何でこんなに手こずっているのかわかった。会話文ばかりだからもはや戯曲に近いのだ。1500ページある戯曲。よく見かける小説の場合、適度に会話文が入ってくると、読書している最中の休息ポイントになる。言葉遣いが地の文よりか柔らかいから。
 それが白痴の場合逆転している。会話文の文体は人の発している声なので固くはないがとかく長いし、延々と続く。奇妙な事に見開きで地の文が続くポイントに入るとホッとするくらい。まあ、しかし、どうだろうか、今週中に何とかしたい。あと200ページ。