読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/03/23

 不調なりけり。ようやく気分が落ち着いてきたのでビールを飲みながらこの日誌を書いてさっさと寝てしまおう。たいていの不愉快な事は寝て起きれば詰まらぬ事になっている。ならなかったら、そりゃ一大事だ。

 何が私を不調にさせたかというと某電子書籍サイトと無料版アンチウイルスソフトの攻防に付き合わされて二時間ほど深夜の静かな読書の時間を奪われたからである。全然有名ではない電子書籍サイトで、あけっぴろげに言ってしまえば青年コミックの単行本の電子書籍で、ネット銀行で買えるということで買うことにしたのだ。約650円ほど。一冊。

 で、私が買おうとしていたのは紙の方で初版2007年、電子書籍化2013年だったかでpdfファイル上? うーんよくわからないが現行の画像読み取りシステムの一つ昔のもので、その間に仕様がアップデートされているために、旧版の電子書籍を読む場合は無料だからKey解析ツールと復号化ツールをDLしたのちインストールしてPC内に入れた状態で開いてくれろという事だった。

 察しがつきそうなものだ、見知らぬexeファイルを管理者権限で動かしたにも拘らずアンチウイルスソフトがお節介をやってファイルを隔離した。よくある事だと、そのファイルを今度からは駆逐対象外にせよと設定しなおし、インストールを再びやろうとすると、インストール中にアンチウイルスソフトに止められた為か、何度やってもエラーが出る。しようがないので、もう一度exeファイル二つをダウンロードしなおしインストールしようとすると、ファイルとしては重複しているにせよ新規扱いなのでここでまたアンチウイルスソフトが怒り出す。その過干渉に私がブチ切れた。もう金は払ってあるのであとは見る環境の整備なのである。立腹した私は無料版アンチウイルスソフトをアンインストール、有効にするためPC再起動、旧版を動かすためのファイル、インストールし直しでやっと見れたと喜んでいたら好きな漫画家だったのに期待外れであった。

 もうどんよりしてしまってのちに怒りがムラムラ燃えたぎって、堪らず頓服で出されているエビリファイ内用液を飲んでようやっと落ち着いたのであった。

 こんな下らない事で頭にきて、PCとアンチウイルスソフトにぎゃあぎゃあ文句を叫んでしまう私は果たして世間でやっていける人間なのだろうかと、落ち着いて鎮静された今思っている。

 日中は片道25分、往復50分、自転車で漕いで二回目の歯医者へ。神経を抜いた歯に薬液を詰め直して、また来週もそれをやるらしいのだが、その後下の歯列の歯石取り、着色落としをされた。歯医者曰く、全ての歯と歯の間にびっしり歯石が溜まっていて除去せねば虫歯もクソもない、だそうだ。五年ほど前、生えてる歯全部が虫歯です、と東京の高井戸の歯医者に言われて一年半通って治したのだが、どうも私は歯に関しては部分的に悪くなるのではなく全体的にダメになるらしい。今の医者に、虫歯が何本あるいは十何本あるのか怖くて訊けない。

 今日も歯磨きしとらん。唐揚げとビール飲んでるし。おやすみなさい。