読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/04/12

 仮眠中に金縛りにあった。もう今日はこれで頭がいっぱいというか凄い事だった。何度か金縛りにあった事はあるが片手の指で数えられる程度だと思うのでとても久しぶり。

 腕と脚がビリビリ痺れて動かすことが出来ず、夢の続きで何かと言い争いを脳内でしていた。この辺りから覚醒しだしたのだろうが、まだ半醒半睡といった形。その後も何度か身体を動かそうと試みるもまだ夢の続きでバトルをしている(夢の内容は失念)、金縛りだとまだ考えが向かっていないので目を開ける等はせず。ようやく頭の方だけ覚めてくると、ああこれは金縛りだ、と自覚して、痛いけど怖くはないなと目を開けた、もちろん何もいないし何も見なかった。無神論者で死後には何もないと思っているので私の周りにはゴーストどもが寄ってこない。ただまだ身体の痺れは続いていて案外頑固で痛くすらなってきたのは結構心に堪えてきたので、えいやっと半身を起こそうとしたら起こせて、徐々に痺れが引いていった。

 凄いというか珍しい体験をしたので、何かしらの意味を見出そうとしたが、思い浮かばない。はあ、金縛りだったなあと少し興奮してそれ以上でもそれ以下でもない。つまらん大人になったものだ。

 ようやく読書を再開させてピストルズ上を一気に250頁まで。明日は歯医者で、犬歯のすぐ後ろを根管治療していて土台ができたと先週言っていたら型をとるだろう。ここを保険治療の銀歯にするととても目立つと思うので保険外の白い被せ物等の値段を訊かねばならない。まあそれくらいで、明日には下巻へゆけるだろう。