読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/06/12 エプソムCとマーメイドSの予想

 土日は競馬モードです。

 

 さて、今回は予想が早く終わった。予想を終えてPATで買い終えた。
 ダートは東京も阪神も前々。後方からだと3着入着が上出来という感じで、差し馬はよほど強くないと掲示板にも上がれない感じ。
 阪神の方はマーメイドSで、毎年、このレースの買い方は決めているので特に馬場傾向をチェックしてない。
 東京の芝は、内、前、の有利。後方が早い上がりで攻めても中々前が止まってくれない感じ。 

 去年のエイシンヒカリの逃げ切りというか逃げて差し返しの勝利や、そもそも東京1800mは毎日王冠(や共同通信杯)の舞台と考えるとコース的にも前有利。春のグランプリ宝塚記念までのつなぎのような開催だが、重賞は重賞なので、馬場傾向を馬の力が上回ってよいはずだが、2,3着に逃げ残りがあっておかしくないなとうい感じ。

 

 マーメイドSは初めからボックス馬券で行くつもりなので印の強弱はつけない。エプソムカップは、軸から相手に流すだけなので対抗以下の印はフォーメーションも組まない私にとってはあまり意味がないんだけど、一応載せる。

 

 


 エプソムカップ予想

◎16フルーキー 

 ステップとして好相性の新潟大賞典で上がり最速を使って1人2着。チャレンジCで重賞勝ち。府中では東京新聞杯に3着がある。それら諸々あわせ、掲示板外6着だったのは適正外の菊花賞のみで戦績安定。軸に最適と判断。問題は位置取りで近3走のように道中8番手前後なら安心できるのでは。あまり後ろ過ぎない方がいい。

◯7ロジチャリス
 重賞初挑戦だが前走オープン特別でここと同舞台のメイSを好位から捉えた。2連勝中と勢いもよい。美浦の馬だから府中は走り慣れている。
▲18ルージュバック
 強い強いと思いつつも最後の勝利はきさらぎ賞まで遡る。ウラにマーメイドSがあるからというのもあるが牝馬がここを選択することはあまりないのでデータは切れと言っている。まず間違いなく牝馬の中なら強い。が、古馬の牡馬達との初対決だった有馬記念は10着。案外な結果に終わっても文句言えないから単穴まで下げた。
△1ラングレー
 ごくごく普通にヒモでなら眼に入ってくる。同舞台東スポ杯2歳Sで4着。
△6アルバートドック
 小倉大賞典で重賞勝ち馬に。ステップ好相性のマイラーズCを5着してやってきた。中日新聞杯の大負けは参考外。
注13マイネルミラノ
 脚質が怖い怖い逃げ馬。他に行きそうな馬がいないのでハナに立つだろう。府中だから直線に入れば垂れるはずが、コースも馬場傾向も全部味方してくれている感じ。おさえないと怖い。
注3マイネルホウオウ
 マイネルのもう1頭は、ムラ駆けするNHKマイルC勝ちのGI馬。出てくるレースでは常におさえておかないと痛い目を見る。
注8エキストラエンド
 東京新聞杯を2014、2016年に2着。7歳や、前走9着、京都金杯勝ち馬であるようにマイラーとして見られてか嫌われているが条件戦時代は2400mまでこなした。府中の1800mは準オープンで勝ち鞍あり。ヒモ穴。

 

 

買い目
3連複1頭軸相手7頭流し 21点。
16-1,3,6,7,8,13,18

 


マーメイドステークス予想

 ここはマジメに考えたってしようがない。ハンデ戦は軽ハンデがボロ負けするものだが、ここも含め牝馬重賞だとそうはいかない。特にこのレースでは顕著。もうエアグルーヴが勝った別定戦のマーメイドSは19年前になった。97年の事。
 適当に斤量軽い馬を、戦績は気にしすぎないで、チョイスしてボックスを組む。このレースはそれで万馬券を3回当てている、確か。どれだけ網を広げられるかの勝負なので、絞って取りこぼさない方がよい、そこら辺は財布の中身と相談。
 55kg以上は切った。それより軽い馬の中でも、前走着順があまりにひどいのはさすがに切った。
 ということで特に印はつけない。

 

3アカネイロ 51.0
4レッドオリヴィア 52.0
5ハピネスダンサー 53.0
7ヒルノマテーラ 51.0
10ゴールドテーラー 50.0
11ウインリバティ 53.0
12リラヴァティ 53.0

 

買い目
以上7頭で馬連ボックス 21点。
3-4-5-7-10-11-12

 

 

GOOD LUCK!

PS
もうすぐ白痴読み終えられそう。残り80ページ。