読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/06/13 「白痴」読了+競馬回顧:エプソムCマーメイドS他、的中祭

文学 競馬

 外は大雨である。ゲリラ豪雨というとチェ・ゲバラが雨乞いしている姿が想像されてしまうので私はまだ集中豪雨と言う事にしている。

 先に「白痴」から。

 

 この「白痴」は上下巻を読み終えるのに1ヶ月かかった。読書メーターで調べると白痴上巻の前に読んだ本が5月13日となっているので丸々一ヶ月。
 とにかくキツかった、苦行に近い。罪と罰カラマーゾフの兄弟は何年も前に読んでいて、今春に悪霊を読んだ。いわゆるドストエフスキー五大長篇、「罪と罰」「白痴」「悪霊」「未成年」「カラマーゾフの兄弟のうち、後に残すは「未成年」のみになった。
 文庫本のサイズとは言え、本を開くと改行一切なし、見開きの最初から最後まで、本当に正確に、一字の余白なく文字で埋め尽くされたページが大半を占める。1415ページだそうだ。確か経済苦により「賭博者」執筆時から印税なしの契約をして、だから原稿料で稼がなくてはいけないから口述筆記だが、とにかくとにかく大長編を、という作家的状況があったと覚えているが、それにしてもこれは書きすぎだ。

 

 もうバフチンポリフォニーとかカーニバルなどといった、そういうものの援用は断って単なる感想にしたい。それくらい頭が疲れた。

 

 大きなあらすじを言うと、三角関係(公爵がアホすぎて二人女を愛すという形で四角関係とも言えるか)をめぐる恋愛小説と、言えなくはない。ただし大きなあらすじと書いたように、この小説を物語上においてちゃんと終わらせるための方便めいたあらすじで、重視する必要はあまりないかもしれない。
 白痴の意味合いが色々出てきたり、受け止め方が人によって違うのだろうが、一応、病気としての白痴=ドストエフスキーも患った「てんかん」を治すため、スイスにいた公爵が、まあまあ快復してロシアに戻ってきて色々やる。「白痴」にはロシア語で「病気」としての単語と共に「バカ、間抜け」の意味合いも持ち、日常で使われるとある。後者の方でこの小説は解釈させる。
 主人公、公爵は、知的には問題ないが、裏表のない性格。タテマエとかそういうのが全然わからない。空気が読めない。ここであんたそんな事言うか、とか、喧嘩売ってるのか? みたいにあまりに全てをストレートに解釈し言葉を吐き出す。本人に悪気はない、というのが始末に終えない。要はとっちゃん坊やという事だ、心及び精神が。様々な登場人物達と込み入った話をしていてもそうだ。相手の方は社交術というか、おおよそ社会に暮らす人間がひとしく勝手に学ぶ、婉曲だとかヨイショだとか、そういう偽の言説が全く効かない。それでもってして公爵は平然と何の悪意もなく、触れてくれるなというような急所をつく、無神経なセリフばかりなものだから、登場人物達は怒り出す。社交術という仮面をストレートな公爵によって粉々に破壊され、本性が顔を出す。これの連続である。
 池に大きめの石塊を放り投げて水飛沫と広がる波紋の、〈観察〉が読み手の仕事といった感じ。そういうタイプの白痴=バカである。この白痴=バカが放り投げられ、受け取った人間のリアクション芸を何回も何回も、これでもかこれでもかと読ませる小説。
 話は一向に進まない。ラスト200ページほどから、地の文、書き手が顔を出し、物語を終局に導いていく。それまでは本当に、これは本当に、リアクション芸をずっと見せつけられる。

 

 これは私はあまり肯定的な評価を下せないのだが、読み終えて振り返るとまあまあ面白くはあったのかもしれない。ただ物語の進展が非常に遅いので、よほど自由時間を確保できなければ読了不可能ではないかと思う。だから私は、『白痴』を他人にはすすめられない。
 疲れた、というのが何の衒いもない正直な感想である。



 ここから6/12日曜の競馬回顧。

 

 前日にエプソムCマーメイドSの予想を書いたが、奇跡的に両方、東西重賞を的中。他、条件戦のダートもどんどん当たった。向こう一ヶ月くらいの運勢を使いきったかもしれない。
 競馬回顧は、外れてしまった予想の何が悪かったのかを振り返って次の競馬に繋げよう、のコンセプトでやっているので、今日はあまり反省する事がないぞ。

 

 東京を4つ、阪神を4つ、計8レース。
 3連複1頭軸相手6頭流し15点を6つ。エプソムCは3連複で相手7頭に増やして21点。マーメイドS馬連ボックスで21点。他、お金に余裕があったのでちょろちょろっと単複も追加して買った。私がPATで買う時(深夜3時4時)に、軸馬の単勝オッズが2倍以上だった場合のみに単1複2で買った。東京9Rは1倍台だったのでパス、阪神11RマーメイドSは軸いないのでパス。それ以外はみな買った。

 

 購入1万5000円、払戻2万880円。回収率139.2%。
 3連複を買ったのは7つ、馬連が1つ。他に単複を買ったのが6つ。都合14組の馬券を買った。
 3連複と馬連。的中、東京11R、阪神7R、阪神10R、阪神11R、阪神12R。的中率62.5%。
 単複(内訳は単勝100円複勝200円)。的中、東京11R、東京12R、阪神7R、阪神10R、阪神12R。的中率83.3%
 14組全て(3連複、馬連、単複)にすると、10/14、的中率71.4%。
 阪神競馬は買ったレース全的中。

 

 東京7R、500万下ダ1400m、外れ。
 軸抜け、ヒモ抜け、軸はディアドナテロ(蛯名)、抜けたヒモはストロボフラッシュ(石川)。ディアドナテロは前走上がり最速ながら道中6番手で500万下を勝利。この日まで待った降級馬なのだが、直線向いてズブいズブい。全然反応せず。抜けてしまったストロボフラッシュは1番人気だった。4レースしか消化していない3歳馬。前走の大敗がありながら1番人気はおかしいと思って切ったら、おかしいのは私の方だった。3歳馬を見くびるな、という教訓を学んだ。
 東京9R、小金井特別(1000万下ダ1400m)、外れ。
 軸はエイシンバランサー。ヒモ抜けしたのはサニーデイズ。鞍上は藤田菜七子藤田菜七子を嫌ったわけではなくて、前走昇級戦だった1000万下で13着だったのでクラスの壁を超えるにはあと数戦必要だろうと切ってしまった。これの買い要素はよくわからない。休み明け3戦目なので前走は2走ボケとして読んで参考外にせよ、としか……。
 東京11R、エプソムカップ(3歳上GIII、芝1800m)、3連複45.5倍、複勝を的中。
 軸はフルーキーデムーロ)。予想した通り、マイネルミラノ(柴田大)が内ラチ沿いで逃げ粘って3着確保で配当妙味提供。フルーキーも、この頃のデムーロは位置取り下げてしまう事が多い気がするが連対したのでどうでもいい。
 ルージュバックの強さが際立ったレースになった。牝馬で枠も大外で、それをもろともせず上がり最速、2着に2馬身半つける圧勝。疑って悪かった。レースレベルだって、低くはないだろう、重賞勝ち馬が複数いたのだし。宝塚記念はさすがに使えないだろうが、次も楽しみ。もう一つくらい適当に出して賞金加算して休んで天皇賞(秋)が良さそうだが。叩きはこの舞台と同じ毎日王冠で。まあ、陣営が決める事だが本当に楽しみ。
 東京12R、500万下ダ1600m。単複のみ的中。
 3連複は軸イダクァイマ(戸崎)、抜けたのはベルウッドケルン(柴田善)。東京も阪神も、ダートは前々だ、という意識が強すぎて、3着内に1頭は入っておかしくない差し馬を蹴ってしまった形。降級馬でもなかったので意外と買いづらかった。今見返すと今年の1月に休み明けから戻り復調していると読める戦績だ。これは安易に切ってしまった。

 

 阪神7R、500万下ダ1800m、3連複19.0倍、複勝的中。
 軸はキタサンコンサート(鮫島)。後ろは全然届いていないので馬場読み成功。反省すべき所がない。
 阪神10R、箕面特別(1000万下ダ1200m)、3連複59.2倍、単複的中。
 軸にしたのはスマートアヴァロン(酒井)で差し馬だが、1600万下もかなり善戦していていつオープンに上がってもおかしくないくらい。これが降級しちゃうのはズルいと思うくらい。ここまで強いなら逆らわない。2,3着に4番人気8番人気を連れて来てくれて3連複は59.2倍だった。この配当はおいしかった。
 阪神11R、マーメイドS(3歳上牝馬限定ハンデGIII、芝内回り2000m)、馬連的中。
 ここは軽いのを良い塩梅で選択してボックス組めばいいと言った通り、6番人気7番人気で決着。60.3倍。
 馬連にしたのも考えがあって、1,2,3着全てが軽斤量でおさまるか? と昔から思っているので馬連にしている。だから3着のココロノアイ横山典)も55kgで来ちゃっているが、馬連だから3着なんてどうでもいい。ただ直線はヒヤヒヤした。51kgのヒルノマテーラ(四位)が上がり最速で追い込んでくれて良かった。
 余談だが、軸なしで7頭ボックスだとレース中、どこをどう見ていればいいのかわからなかった。このレースはこれで買い方は正解だと思っているが、スポーツとしての競馬観戦は軸がいた方が楽しめると思った。
 阪神12R、500万下ダ1400m、3連複5.1倍、複勝的中。
 ガッチガチ。3,1.2番人気の決着。順当なので特に振り返る事はない。

 

 ダービーデイ辺りから続いている、ダートの前々、まあ正攻法というかダートって普通はそういうもので先行有利な素直な馬場。よってあんまり荒れなくなった。それは先週で痛感していたので、人気薄の差しの穴は、なるべくよして、安くても当てていこうの精神でやった。
 だから、まあ、結果的に勝ったのだけど、当たったレース数の割に5880円しか利益が出てない。当たれば誰だって嬉しいので、だいたいのレースで当たったのだし、配当に文句を言うのはワガママだ。

 遊びでやった単複だが、どうだろう。合計1800円買って払戻額は1970円。発泡酒の350ml缶なら買えるか、くらいの利益だから、うーん。今回は単勝が2倍超えた軸馬なら、という条件だった。

 来週は、2.5倍以上ついていた場合にしてみようかと思う。3連複の軸は来ているのにヒモ抜けで外れてモヤッとしたガッカリ感を解消したいと思ってやった事だし。

 
 この約6000円で中古の文庫本を買いまくろう。

 

 来週から東京、阪神に加え、函館競馬スタート。涼しくて梅雨もなく、お馬さんも過ごしやすい北海道シリーズが始まると夏!! って感じ。
 重賞は日曜に二鞍、東京でユニコーンS、函館で函館スプリントステークス。ローカルの函館もこの調子で攻略していきたい。