読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/06/13 ホッピー24本箱入りが届いた+ピアノの話

雑記

 夜になるとカエルくんの鳴き声が凄い。本当に凄い。何回目だろうな、カエルについて苦情を書くのは。本を読んだり、あるいは何かを書いている時にはインストゥルメンタルの曲を低めの音量で流しながらやる。

 私がよく使っているのは坂本龍一BTTB(かなりCDが売れたウラBTTBはシングルの方、これはアルバム※編集で追記。ウラBTTBはオリコン調べで155万枚売れたのだそうな)、それかビル・エヴァンスの持っている曲28曲の、エンドレスリピート設定。それをだね、カエルくんの大合唱が打ち消すの。カエルに負ける坂本龍一ビル・エヴァンス
 ビル・エヴァンスがひょこっと頭の中から文字として出てきたので、モダンジャズ? モダンであってるか、フリージャズと言うんだっけ。ま、とにかくジャズの話をちょっとだけ書くと私はニワカという奴だと思う。コルトレーンとかアイラーとかマイルスとか、そこら辺の名前が売れている人たちのものもiTunesに入っているけど、薀蓄を語れるほど詳しくはない、という感じ。

 

 それで、サックスなどだとうるさいというかBGMにはちょっと不向きだと思っている。きちんと音楽鑑賞の姿勢をして楽しむものだと思う。しかしながらジャズでもピアノだったらあまり邪魔してこない。だからビル・エヴァンスを流している。
 それに、私自身がピアノ教室に10年通ったという事もある、ピアノジャズは馴染みやすいのだ。幼稚園の年中さんから中学3年の受験勉強が本格化する前までカワイ派(ヤマハではない)のピアノを習っていた。

 

 別に男の子だってピアノなど音楽を親がやらせたいと思っているならやらされる、ってだけの話なのだが、小中学の同学年にピアノを習っている男の子が私以外いなかった。それで私は音楽教師に担がれて、不承不承、伴奏を何回もやらされた。全校集会で発表というか演奏したりするのでとても緊張するからやりたくはなかったんだが。

 

 で、音楽教師という生き物は、児童に合唱をさせると、「そこ、もっと声を大きく」とか「後ろ、音が高すぎる、おさえて」みたいな指導をされたり、されているのを見ていた経験はだいたいみんなあると思うのだけど、実はあれは大した事ではない。伴奏を何回もやらされたからわかる事だが、ピアノを弾く際は、他のみんなのリズムも含めてピアニカや歌声がついてこれるように聞き耳を立ててやる。メトロノームを持ってきたって従ってくれるわけではないから。
 そうするとさきに言った音楽教師のように、あいつ口パクしているな、とか丸わかり。それを指摘はしなかった。音楽の先公ぶってるんじゃねえよと言われるのが嫌だったし、逆の立場なら私も確実に言っただろうし。
 あと、これは高校大学の時の話だが、ピアノ何か弾いて、とよく言われたが、じゃあ何でもいいから楽譜くれ、としか言いようがなかった。私はビリー・ジョエルでも何でもないので。何故か暗譜していたSMAP夜空ノムコウか、ジ・エンターテイナー(映画スティングのテーマ曲)を弾いて難を逃れていた。


The Entertainer (Orchestra Version) - 2




 で、ホッピーの話。これはスーパーでも売っているし、箱買いもできるのだが重いでしょう? 自動車を自由に使えるならいいけど、免許ないので。だからamazonでいつも頼んでる。それが今日届いた。

 

 ホッピーを長く飲んでいる理由は、太らないから。
 一時期ビール腹が凄い事になってしまって、手足は枯れ木のように細いのに、お腹だけぷっくり出てしまった。餓鬼道の餓鬼か、妊娠したか、みたいな外見になった。ホッピープリン体ゼロ、カロリーも糖質も低いという事で、ホッピーをメインにしたら腹はかなり凹んだ。

 

 ホッピーと言っても、駅のすぐ傍にあるようなテキトーな居酒屋(チェーン系など)が出してくるホッピーは、別物と考えた方がいい。ホッピーに氷は不必要だしマドラー(かきまわす棒)も不必要。そんでもって焼酎も少なめでいい。1:1くらいの多さで焼酎が入っていたらそれはホッピーではない。

 

 という事でおうちで楽しくホッピーを飲む方法。


 必要なもの。(出来れば業務用の)ジョッキ(中か大の)、甲類焼酎ホッピーそのもの。

f:id:TapDanceCity:20160614002552j:plain

 ホッピーをちゃんと作る場合は、焼酎ホッピーをきちんと冷蔵庫で冷やしておく(できればジョッキも冷やすべきだそうだが私はそこまでこだわってない)。これで氷は必要でなくなる。だいたい、ホッピーは手軽にビールが飲めなかった戦後すぐの頃の、ビール代替品なので、氷は入れちゃいかん。ビールに氷はいれないでしょ。

 

 割合は、焼酎1に対しホッピー5。ここで便利なのが業務用ジョッキ

f:id:TapDanceCity:20160614002431j:plain

 底の方に星が2つあって、そこまで焼酎を入れろという目安。下の星に合わせるとアルコール度数5%ビールに近い。上の星だと度数7%になる。

 

f:id:TapDanceCity:20160614002509j:plain

 

 あとは栓抜きで開けたホッピーを勢い良く流しこむ。これでマドラー要らず、甲類焼酎は少量なので勝手に適度に混ざる。

f:id:TapDanceCity:20160614002635j:plain

 

 業務用ジョッキが便利なのは上に書いた通り、焼酎の量の目安があるから。ネット通販で買ったのだけど、本体500円送料500円で1000円というのは、相場らしくamazonでも楽天でも変わらなかった。1:5の割合を自分で作れるなら作ればいいだけの話だから絶対に必要というわけではない。何でもよいと思う。気分を出したいなら1000円払おう。

 それから焼酎だけども、無個性な甲類焼酎がベスト。キンミヤ焼酎がやたら推奨されるけど、別に他のものでもいい。どれも安いだろうし。

 ただ芋焼酎米焼酎など、焼酎単体で美味しいくらい味があるものはホッピーには適さない。アルコール度数を調整するための焼酎だから、ビールテーストを喧嘩させない方がいい。

 

 とは言いつつ、楽しみ方は人それぞれであっていいので、あくまで公式の作り方の説明は上記のようになる、というだけ。私も今日は酔いたい、と思ったら焼酎を途中からドバドバ継ぎ足したりする。色々、好きなようにいじくれるのがホッピーの良い所だと思う。

 
 今はボルヘスの「詩という仕事について」(岩波文庫)を読んでいる。